宝塚市鶴の荘の歯医者「おざわ歯科」の審美治療・ホワイトニングについて。

  • 各種保険取扱
  • 急患随時受付
  • 駐車場15台完備
  • ご予約・お問い合わせ0797-86-1680
  • 診療時間 / 平日9:00~18:00   休診/水・日・祝日

審美歯科・ホワイトニング

  • Home   >  
  • 審美歯科・ホワイトニング

おざわ歯科の審美歯科・ホワイトニング

こんなお悩みはありませんか?

こんなお悩みはありませんか?

  • 歯の黄ばみや黒ずみが気になる
  • 笑ったときに銀歯が見えるのが嫌だ
  • 前歯の形を整えたい
  • 詰め物や被せ物の変色が気になる

当院の審美歯科では、こういったお口のお悩みやコンプレックスを歯科治療によって改善いたします。カウンセリングの際には、ご要望をしっかりとお聞きし、最適といえる治療法をご提案いたします。「よく噛める」という機能性はもちろんのこと、審美性や耐久性まで追求したい方にはおすすめの歯科治療となっております。

金属アレルギーのリスクがゼロのメタルフリー治療

金属アレルギーのリスクがゼロのメタルフリー治療

銀歯というのは、見た目が良くないだけでなく、お口の中で金属アレルギーを引き起こすアレルゲンともなり得ます。そこでおすすめなのが金属材料を一切使用しないメタルフリー治療です。セラミックやジルコニアといったノンメタルの材料のみを使って、詰め物や被せ物を製作します。

当院の取扱メニュー

インレー
セラミックインレー
セラミックインレー
セラミックは変色する事がなく、汚れ付きにくいのが特徴です。
金属アレルギーの心配もございません。
メリット デメリット
  • 変色しにくい
  • 天然の歯の色に近い
  • 金属アレルギーのリスクがゼロ
  • 自費診療になるため、保険診療より費用がかかる。
インレー
当院のインレーは、保険が適応されるコンポジットレジンを使用しております。
メリット
  • 治療費が安い
  • 天然の歯の色に近い
  • 金属アレルギーのリスクがゼロ
デメリット
  • 着色や変色が起こりやすい
  • 耐久性が比較的低い
  • 摩耗しやすい
クラウン

クラウンは、保険診療のハイブリッドセラミックから、自由診療のジルコニアまで幅広く取り揃えております。それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

ジルコニア
ジルコニア
ジルコニアは非常に硬い物質で、人工ダイヤモンドとも呼ばれることもあります。強度に優れ、摩耗や破折が起こりにくい材料といえます。見た目が天然の歯に近く、審美性にも優れた歯科材料です。
メリット デメリット
  • 強度が高く壊れにくい
  • 色や質感、透明感が天然歯に酷似している
  • 金属アレルギーのリスクがゼロ
  • 治療費が比較的高い
  • 天然歯よりも硬いので噛み合う歯を傷つけることがある
ジルコニア
ジルコニアは非常に硬い物質で、人工ダイヤモンドとも呼ばれることもあります。強度に優れ、摩耗や破折が起こりにくい材料といえます。見た目が天然の歯に近く、審美性にも優れた歯科材料です。
メリット
  • 強度が高く壊れにくい
  • 色や質感、透明感が天然歯に酷似している
  • 金属アレルギーのリスクがゼロ
デメリット
  • 治療費が比較的高い
  • 天然歯よりも硬いので噛み合う歯を傷つけることがある
メタルボンド
メタルボンド
メタルボンドは、内側に金属、外側にセラミックを使った被せ物です。金属とセラミックが持つそれぞれの特徴を併せ持った補綴装置です。
メリット デメリット
  • 変色や着色が起こりにくい
  • 天然の歯に近い色を再現できる
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 金属の色が透けて見えることがある
  • 強い力が加わると欠けてしまうことがある
メタルボンド
メタルボンドは、内側に金属、外側にセラミックを使った被せ物です。金属とセラミックが持つそれぞれの特徴を併せ持った補綴装置です。
メリット
  • 変色や着色が起こりにくい
  • 天然の歯に近い色を再現できる
デメリット
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 金属の色が透けて見えることがある
  • 強い力が加わると欠けてしまうことがある
ハイブリットセラミック(保険適応)
ハイブリットセラミック
ハイブリッドセラミックは、レジンとセラミックを混ぜ合わせた歯科材料です。それぞれの材料が持つ欠点を補い合うことができるため、比較的、機能性や審美性に優れたクラウンを作ることが可能です。
メリット デメリット
  • 治療費が比較的安い
  • 天然歯に近い色を再現できる
  • 硬すぎないので噛み合う歯を傷つけにくい
  • 金属アレルギーのリスクがゼロ
  • 経年的な変色、着色が起こりやすい
  • 通常のセラミックよりも欠けやすい
ハイブリットセラミック
ハイブリッドセラミックは、レジンとセラミックを混ぜ合わせた歯科材料です。それぞれの材料が持つ欠点を補い合うことができるため、比較的、機能性や審美性に優れたクラウンを作ることが可能です。
メリット
  • 治療費が比較的安い
  • 天然歯に近い色を再現できる
  • 硬すぎないので噛み合う歯を傷つけにくい
  • 金属アレルギーのリスクがゼロ
デメリット
  • 経年的な変色、着色が起こりやすい
  • 通常のセラミックよりも欠けやすい

歯の着色を改善したい方へ

歯の着色や変色でお困りの方には、ホワイトニングがおすすめです。歯磨きで落とすことのできない汚れを、専用のホワイトニング剤で除去することが可能です。当院では、「ホームホワイトニング」を取り扱っております。

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは、自宅で行うことができる歯のホワイトニングです。患者さま専用のマウスピースを作製し、ホワイトニングジェルを塗布した状態で装着します。

ホワイトニングジェルには、「過酸化尿素(かんかにょうそ)」という一種の漂白剤が含まれており、歯を根本から白くすることができます。これは、市販のホワイトニング歯磨き粉やホワイトニング剤には期待することのできない作用です。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット

ホームホワイトニングでは、始めにお口の診査をさせていただき、問題がなければマウスピースの作製へと進みます。その後は、患者さまご自身で好きな時、好きな場所でホワイトニング処置を施していただきます。

歯科医院にご来院いただく時間がない方や、ご自身のペースで歯を白くしていきたい方には最適なホワイトニング法といえます。ただ、歯科医院ですべての処置が完結する「オフィスホワイトニング」よりは、即効性が低いという欠点もございます。このようなメリット・デメリットを踏まえた上で、ご検討いただけたら幸いです。

審美・ホワイトニングQ&A

セラミックの詰め物や被せ物のメリットは?
一番大きい点は何といってもその色調でしょう。お口のなかの天然歯と調和のとれた色調により自然な笑顔を引き出せることと思います。
また、素材の特性として保険診療で使用されることの多い樹脂と比較して吸水性が低いため色調の変化が非常に起こりにくいです。プラスチックのコップに比べ陶器のコップのほうが変色しにくいのと同じです。
金属アレルギーと歯科治療の関係性は?
歯科用金属は保険診療において厚生労働省に認められた基準のものが用いられており、また、過去数十年にわたって使用されてきた実績のある素材です。しかし近年平均寿命が長くなってきたこともあり、お口のなかに金属が存在する時間が長くなってきました。その結果の一つとして従来は認められなかった、歯科用金属によるアレルギー症状を有する方がみられるようになりました。また、花粉症と同じく様々な環境要因も合わさり従来では見られなかったような身体の反応の一つとして歯科用金属によるアレルギー症状も見られるようになりました。
その対策の一つとしてお口のなかに可能な限り歯科用金属を使用しないようにしていくことが重要と考えられます。
自費の被せ物は保険の金属と比べて汚れにくい?
はい。保険診療に関しましては使用できる材料、素材に制限があります。
一方自費診療に関しましてはそのような制限がありません。そのため、保険診療の際に使用する材料、素材と比較してより精度の高いものを使用することができるためお口のなかによりフィットした被せ物を作製することができます。
自費の被せ物でゴールドが良いとされる理由は?
お口の中の環境は酸性度の強い環境であったり、様々な温度変化にさらされたりといった想像以上に過酷な環境にあります。ゴールドは化学的に非常に安定した金属です。そのためお口の中においても長い間、安定した性質を保つことができます。また、保険診療で認められている金属と比較すると硬さが天然歯に近く少し伸びる性質を持っているためお口の機能に調和しやすいと考えられます。さらに日本人の肌の色には銀系統の色よりも金系統の色のほうがなじむといわれています。
歯ぐきの変色と補綴物の関係は?
歯と歯ぐきのつなぎ目の部分が黒くなることがあります。これをブラックマージンと呼びます。特に、神経の治療を行った歯や金属製の差し歯治療を行った歯で多くの場合治療後数年たって際の歯ぐきが痩せてくるのと同時に目立つようになってきます。
原因としては、差し歯の金属、差し歯に使用されているセメントの変色、歯の根の表面の着色等が考えられます。
totop