宝塚市鶴の荘の歯医者「おざわ歯科」の入れ歯治療について。

  • 各種保険取扱
  • 急患随時受付
  • 駐車場15台完備
  • ご予約・お問い合わせ0797-86-1680
  • 診療時間 / 平日9:00~18:00   休診/水・日・祝日

入れ歯

  • Home   >  
  • 入れ歯

おざわ歯科の入れ歯治療

〜患者様に最適な入れ歯を〜

〜患者様に最適な入れ歯を〜

私たちのお口の中は、とてもデリケートにできていますので、合わない入れ歯を使っていると、違和感や異物感、ストレスなどが大きくなります。よく噛めなかったり、しゃべると入れ歯がずれてしまったりするケースも珍しくありません。おざわ歯科では、そうしたトラブルが少ない、患者様に最適な入れ歯をご提供しています。

ご要望に沿った入れ歯作り

〜ご要望をお聞かせください〜

入れ歯は大きく「部分入れ歯」と「総入れ歯」の2種類に分けることができます。さらに、保険診療と自由診療に分けられ、使用する材料や採用する治療法も多岐にわたります。そこで当院では、患者さまのご要望をお聞きした上で、最良といえる治療計画を立案いたします。

入れ歯の種類

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯とは、歯を部分的に失った症例に適応される補綴装置です。失った歯を再現した「人工歯」と、歯ぐきの部分を覆う「義歯床(ぎししょう)」、歯列内に入れ歯を固定するクラスプ(留め具)の3つから成ります。入れ歯の形は、失った歯の本数によっても大きく変わります。

総入れ歯

総入れ歯

総入れ歯とは、すべての歯を失った症例に適応される補綴装置です。失った歯を再現した「人工歯」と、歯ぐきや粘膜の部分を覆う「義歯床」の2つから成ります。総入れ歯が適応されるのは「無歯顎(むしがく)」と呼ばれる歯が1本もない症例ですので、その形も基本的には同じです。

保険診療と自由診療のちがい

入れ歯には、保険診療のものと自由診療のものとがあります。ここでは、それぞれのメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

保険診療の入れ歯 自由診療

保険診療の入れ歯では、使用できる材料があらかじめ決められています。具体的には、レジンやプラスチックなどの材料で、人工歯と義歯床を作ります。

留め具の部分であるクラスプには、金属しか使用できません。その結果、変色や着色が起こりやすかったり、見た目があまり良くなかったりするなどのデメリットが生じます。ただ、治療費を安く抑えることができたり、壊れた際に修理しやすかったりするなど、いくつかのメリットも存在しています。

自由診療の入れ歯では、使用する材料や治療法を自由に選ぶことができます。歯ぐきや粘膜に接する部分には、やわらかい素材を使ったり、留め具であるクラスプのない設計を採用したりするなど、機能性や審美性に優れた入れ歯を作ることが可能です。

ただ、保険診療とは異なり、治療にかかる費用負担が大きいというデメリットもあります。また、使用す材料や採用する治療法によっては、壊れた際に修理しにくいこともあります。

メリット デメリット メリット デメリット
  • 壊れた時の修理が容易
  • 費用を安く抑えることができる
  • 着色や変色が起こりやすい
  • 比較的壊れやすい
  • 温度が伝わりにくい(食事の味に影響)
  • 違和感や異物感が大きい
  • 装着感が良く、天然の歯に近い噛み心地を再現できる
  • やわらかい素材を使うことで痛みや異物感を最小限にできる
  • クラスプのない設計が可能で、審美性が高く、金属アレルギーのリスクをゼロにできる
  • 治療費が比較的高い
  • 修理しにくい場合がある
保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯では、使用できる材料があらかじめ決められています。具体的には、レジンやプラスチックなどの材料で、人工歯と義歯床を作ります。

留め具の部分であるクラスプには、金属しか使用できません。その結果、変色や着色が起こりやすかったり、見た目があまり良くなかったりするなどのデメリットが生じます。ただ、治療費を安く抑えることができたり、壊れた際に修理しやすかったりするなど、いくつかのメリットも存在しています。

メリット
  • 壊れた時の修理が容易
  • 費用を安く抑えることができる
デメリット
  • 着色や変色が起こりやすい
  • 比較的壊れやすい
  • 温度が伝わりにくい(食事の味に影響)
  • 違和感や異物感が大きい
自由診療

自由診療の入れ歯では、使用する材料や治療法を自由に選ぶことができます。歯ぐきや粘膜に接する部分には、やわらかい素材を使ったり、留め具であるクラスプのない設計を採用したりするなど、機能性や審美性に優れた入れ歯を作ることが可能です。

ただ、保険診療とは異なり、治療にかかる費用負担が大きいというデメリットもあります。また、使用する材料や採用する治療法によっては、壊れた際に修理しにくいこともあります。

メリット
  • 装着感が良く、天然の歯に近い噛み心地を再現できる
  • やわらかい素材を使うことで痛みや異物感を最小限にできる
  • クラスプのない設計が可能で、審美性が高く、金属アレルギーのリスクをゼロにできる
デメリット
  • 治療費が比較的高い
  • 修理しにくい場合がある
クラスプのない入れ歯とは

<h5>クラスプのない入れ歯とは</h5>

金属製の留め具である「クラスプ」がない入れ歯をノンクラスプデンチャー、あるいはエラスティックデンチャーと呼びます。人工歯とピンク色の義歯床の部分しかないため、入れ歯だと気づかれないことが多いです。装着した時の痛みや異物感も比較的低い入れ歯といえます。

totop